HOME>注目記事>振袖は白がイチオシ!晴れ舞台だからこそ縁起の良いカラーを!

振袖を着るのが初めての方は読もう

成人式を控えている女性は、振袖について考えることでしょう。でも、着物を着慣れていないと、マナーや所作などわからないことが多いですよね。そんな方は振袖に関するマナーを学んで、当日に備えましょう。みんなが知りたい質問をまとめてみました!参考にしてくださいね。

当日までに知りたい!振袖のマナーに関するQ&A

振袖を着てる時の正しい座り方は?

袖を膝の上で畳むようにまとめます。背もたれによりかかりすぎると結びが崩れるので、背もたれとの間にバッグをおくと良いですよ。

トイレの際はどうするのが正しい?

お手洗いで用をたす際は、着物のたもとを掴んで胸元の帯に挟むようにしましょう。広い洋式トイレを利用すると楽ですよ。

着物に合うメイクを教えてください

着物を着る時のメイクは、いつもよりも濃くするとバランスが取れます。アイラインやマスカラ、チークはしっかりのせて、振袖の色と合わせて選びましょう。

振袖

振袖カラーはあなたの印象を大きく変える

振袖の着物のカラーで大きくあなたの印象が変わります。色の力を利用して、あなたのなりたいイメージに近づけましょう!色は大きく分けて、寒色と暖色、中間色というものがあります。寒色とは、青など冬のイメージや涼しさを感じさせる色のことです。暖色とは、赤やオレンジ、黄色など温かみのある色のことです。中間色はその間の色で、緑や紫などです。なのでもし、あなたが成人式を控えていて久しぶりに会う友だちに「クールで知的」な印象を与えたければ、青などの寒色を身につけましょう。逆に「明るくて元気」な印象を与えたい時は暖色を選ぶとう良いですよ。「優しくて癒し系」という印象であれば中間色がおすすめです。模様に白などを取り入れるとコントラストが付いてより色を引き立ててくれますよ。

白を選ぶメリット

振袖のカラーでみんなが選びがちなものが赤色です。赤色は人気ですし、定番カラーです。ですが、後で写真などで振り返った時に「みんなとかぶってる!」ということになります。成人式は人生で1度の晴れ舞台ですよね。なので思いっきり華やかに綺麗に目立つ振袖を選ぶことをおすすめします。そこでイチオシしたいカラーが「白」です。白って意外と目を引くカラーですし、どんな柄とも帯とも相性が抜群です。なので柄で勝負したい方や清楚感を出したい方におすすめです。また、白は縁起の良いカラーであり光を表しますから、晴れ舞台には是非身に着けてほしいカラーです。

サイズもチェック

振袖レンタルは気軽にできる時代ですが、着物のサイズもしっかりと自分に合ったものを選びましょう。身丈や裄丈、袖丈などを知っておけば振袖選びもスムーズになりますよ。